This Category : 交通

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

成田-伊丹 約2時間 空のラッシュアワー

2008.10.18 *Sat
日本入りしました。

今回は、JALが国内線乗り継ぎが出来るというのでそれを利用して、
シドニー-成田-伊丹と一気飛び!?

「ここで預けた荷物はどこで受け取るの?」
と、シドニーのカウンターで聞くと、
「あなたの荷物は free custom. 成田は入国審査だけ受けて、荷物は伊丹でうけとってね~ はい、荷物の受け取りチケットはitamiね。搭乗券も2枚発券しておくからね~」

ということは、関空-ブリスベン-シドニーと同じ要領ね!と、気も楽になり搭乗。

ところが、成田到着前の機内アナウンスで
「大阪へお乗り継ぎのお客様は、成田空港で一旦荷物を全て受け取り、通関後、JAL国内線乗り継ぎカウンターへ」
とアナウンス。

確認のため、CAに尋ねてみる。
ちなみに、この日のJALのCAは、相も変わらず、自分が言いたい定型文しか日本語がわからない、アジア系CAばかり。
「確認します」
と得てきた回答は、先ほどのアナウンスと同じもの。

ふむ。

しかたないので、降機して地上スタッフにもう一度尋ねてみる。
答えは、機内アナウンスに同じ。

シドニーからの飛行機は5時過ぎに到着、6時15分には国内線に搭乗しなくてはいけない。

「これだけの時間で、全部出来るんですか?」(入国審査・荷物受け取り・通関・移動)と聞いてみると、
「そうなんです。なので、私たちも大変なんです!!!」
必死に訴えられ、返す言葉を失う。
何か手伝ってくれるのだろうか?

幸い、荷物は早く出てきたので、通関。
JAL国内線乗り継ぎカウンターへ向かう。
 どこにあるか、道案内くらい書いておいてほしいものだけど。

乗り継ぎカウンターで荷物を預けながら
「どこか食事が出来るところはありませんか?」
「お客様、お時間がございませんので~」
「でも、搭乗まで30分はあるでしょう?」
「ここから搭乗口まで、10分くらいはかかるかと」
「は???モノレールかなにかに乗るの?」
「歩きです」
「ここから、歩きで10分!???」

気が遠くなりそうだ。

人気のあまりない通路を歩いて歩いて、向こう端までたどり着く。
途中に居たJALのスタッフに、道が合っているか聞くと
「まだ、かなり遠いですからー」
励まされたんだろうか?

パンの上にレタスとアスパラがのっかっただけの、"鳥のえさ"のようなシドニー線の軽食のおかげで、いつも降りたらおなかはぺこぺこ。

ご飯を食べられるところにたどり着くまで、ここから、まだ最低3時間。
その間、あの重いスーツケースを2個持って歩くことを思うと、ここで何かお腹に入れておかなくては、力も出ない・・・と、途中の売店で、おにぎりをゲット。
人目もはばからず、搭乗口で食べ終わると、

6:15、搭乗。

乗ってしまえばあっという間にドアクローズ、機は滑走路へ向かい始めた。
さすが国内便は素早い。
「本日のフライト時間は、約50分を予定しております」
スケジュールでは、6時半出発、8時着になっていたが、7時半には着けるかも!それだと楽で良いな~と、淡い期待。

が、動き始めてすぐ、滑走路のかなり手前でストップ&アナウンス。
「この機は、現在離陸の順番待ちをしております。当機の順番は7番目、約10分で離陸の予定です」

10分で7機。

ほぼ1分に1機飛ぶのか~
さすがに疲れたので、少し眠ろうと思ったものの、ふと窓の外に目をやると・・・

今、1機飛び立ったばかりの滑走路に、もう別の機が着陸してきた!

え?
同じ滑走路で、離陸と着陸?
しかも、その差、1分もない。

当然ながら、着陸機はスピードが出ているので、あっという間に滑走路を通り過ぎてゆくだけ。
そこを、次の離陸機が走り出し、離陸。

飛んだと思ったら、また左から着陸機。
各国の旅客機の間に、カーゴ機(貨物)も降りてくる。

離陸機が1機飛び立つごとに、乗っている機が、前に進む。
後ろを見ると、あちこちの通路から、この列に向かって飛行機が動いているのが見える。

すごいやら、面白いやらで見入ってしまい、疲れもどこへやら。
とても眠ってなんかいられない(^_^;)

もう、どのくらい待ったかわからない頃、ようやく、搭乗機の順番がやってきた。
離陸に向けて滑走している時に、反対側の通路に並んでいる飛行機を数えてみた。

9機。
世界の飛行機が、ずらりと順番待ちをしている。
壮絶。

飛び上がってしまえば、確かに50分ほどで伊丹には着いてしまった。

しかし、伊丹もすごかった。
着陸後、駐機場までうねうね移動。
その途中、搭乗機が進む滑走路の向こう側から、こちらに向かう着陸機が見えた。

その時、機はククっと左折、駐機場へ。
1分も開かずに、ほんの数秒前居た滑走路に、別の機が着陸。

しかも!

その向こうに、次々と着陸してくる飛行機のライトが、蚊とんぼのように、2機続けて見えている。

よくまぁ、これで、事故にならないものだ。
ものすごい仕事だと、あらためて思った。

それにしても・・・6:15搭乗、8:10到着。
機内滞在時間、約2時間。
飛行機も、ラッシュアワーだったということか。

今回、シドニー-成田が殆ど揺れ通しだったため、本もあまり読めず、吐き気がひどかった。
そのせいもあってか、乗り継ぎの時間と距離は、本当にきつかった。

ブリスベン乗り換え(入国・通関・荷物受け取りなし!)のようになってくれるのが理想的だが、そうでなくとも、搭乗口の遠さは、もう少し何とかならないものかと思う。
10分歩きはきつい。

確かに、ここで中途半端に2時間も3時間も待たされるのもいやだけれど。

今回は、成田到着が20分も早かったから良かったようなものの、定刻着だったなら、かなりきつかっただろう。
万が一到着が遅れて、国内線に間に合わなかったら一体どうなるんだろうか?
ちょっとリスキーな乗り継ぎなのだろうか?

シドニーー関空 直行が復活する日は、来ないのだろうか?
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

シドニーで2度目の 雪?雹?

2008.08.08 *Fri
7月末に、シドニーで雹が降った。・・・らしい。
"らしい"というのは、実は、雨が降ったのは知っていたけれど、それが雪や雹になっていたことには、気づかなかったのだった。

で、昨日。
ランチを終えてオフィスへ戻り、なにげにベランダへ出てみると・・・
山の方の雲が怪しい。

「あれはきっと、降ってるねぇ~」

ふと、海側を見ると、いかにも海面から水を吸い上げています!!!
といった感じで、杵のように上下が広がった柱のような雲が、縦に立っていた。

「夕立が来るかもね~」

そんな暢気なものではなかった。

みるみるうちに、目の前が真っ暗になり、雨が降り始めた。

が、途中で音が変わった!?!?!?

「雹だ」

080807-1

欄干の上に、すぐに溶けきらない"破片?"が。

雷も鳴り始めた。

西の窓を見てみると、

080807-2

なんだか、吸い取られそうな雲が、刻々と形を変えながら、降りてくる。

雹が窓に当たる"バラバラ"という音。
空一面に鳴り響く、雷。
もうもうと、うごめく雲。


この世のものではないものを見たような、気分。

と思った瞬間、クッカブラが一斉に鳴き始めた。

080807-3

見ると、窓のすぐしたで、3羽、身を寄せ合い、鳴いている(笑っている!?)

「わー、たまらないねーーー!」
「やってらんないよぉ」
「どうなんてんだー?」

と、勝手に、聞こえる(^_^;)

夕方には、きれいに夕焼けに戻り、
春を目の前にした、ひとときの嵐でした。
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

欠航 and...

2008.05.14 *Wed
帰国していた夫が、帰豪した。
本当は、今日の朝にはシドニーに着いているはずだった。

そう、"はずだった"と書く理由は、まだ着いていない。

昨日の夕方、準備万端、重い荷物を持って"はるか"で関空へ向かった。
荷物がとても重いので、リムジンバスで行く予定だったが、高速が工事中に加え事故で、1時間以上の遅れ。いつ着くかわからないということで、急遽"はるか"に。

高いが、それなりに乗り心地は良い。
なにより、大阪駅の遙か西側を、大阪駅を通らずに走るこの路線が面白い。

空港について、掲示板でチェックインカウンターをチェック。
J★ET STARは、キャセイのカウンターを使っていた。

近くのベンチで、手荷物と預ける荷物の詰め替えをして、カウンターへ。
・・・と、カウンターへの入口に、手書きの看板がかけられている。
珍しいなと思いつつ、走り寄ってみると・・・

「欠航」
「明日の便に振り替え」

と書かれている。
横にいたスタッフに尋ねてみると、当然ながら「その通りです」とのお答え。

実は、夫はこの便で帰って、翌朝、シドニーで日本から来る人を迎えることになっていた。

明日の便に振り返られると、到着は明後日の朝。
あり得ない。

その旨、スタッフに告げると
「では**カウンターへどうぞ」
で、カウンターでもう一度一から事情説明。
何でも良いので、他の便に振り替えて欲しいと言うと、
「振り替えは、ありません」
あっさり。というか、ばっさり。

上司が出てきて、とりあえず、他の便を調べるように指示。
・・・が、関空からオーストラリアへの直行便は、JALもカンタスも撤退。
J★ET STAR便にコードを乗っけてシェアしている状況なので、壊滅的。
それ以外の、近くの経由便は、すでに飛び立っているという。
成田へ行くにも間に合わない。

「こちらで、今日のホテルはお取りしていますので」
明るく言われても、聞けば、翌日21:50発の便に乗るのに、ホテルのチェックアウトは12時だという。
それなら、帰るので、今日の往復の交通費をというと、
「5000円までです」と、これまたきっぱり。

さんざん話したあげくに、責任者が一言。

「クレームは、お帰りになってから、直接J★ET STARへ手紙を書いて下さい」

この会話は、何だったのか?

聞けば、グランドのスタッフは、全員、単にJ★ET STAR社から依頼された運営会社に過ぎないという。
なので、彼らはJ★ET STARから」与えられたマニュアル通りの運営以外に出来ることはほとんど無いのだという。

「そもそも、欠航が決まったのは何時ですか?」

「午前中です」

そもそも、シドニーからの便が来ていないらしい。
つまり、朝、シドニーを飛ばなかった時点で、欠航は確定している。

「事前に連絡して来るということはないのですか?」

「したつもりです」
つもりですか。

確かに、見回してみると、カウンターまで来ている人は少ない。
しかし、実際に連絡は無かったし、携帯にも着信履歴はない。

しかも!

この日の昼頃に、こちらからリコンファームの電話を入れた際、その便が欠航となっていることを一言も告げられていない。
だからこそ、空港まで来てしまっているわけで。

「どうしてでしょうね~?それはおかしいですよね~」
一緒に言ってもらったところで、何も救われない。
し、彼らは、「お伝えはする」けれど、それに対するなんらかの行動を起こしてくれることはないらしい。


とにかく、交通費は5000円までしか出ない。(はるかなので、実際は7千円くらいかかっている)
ホテルに泊まっても、翌日12時には追い出され、7時間くらいは、空港でうろうろしなくてはいけない。
それ以上のことは、何も出来ることはない。
あとは、帰って、自分でお手紙書いてね。

ということで、荷物をコインロッカーに入れて帰る。

そして今日、再び、確認の電話を入れた上で、関空へ。
2便分の乗客で、チェックインカウンターは凄い人。
ま、とりあえず、今日は 飛ぶ ってことで。

疲れていたので、となりが空いている席がないか尋ねてみると、
「今日は満席です」
と、無下もない。

そして、続けて言った。

「**様、お隣の席お客様が、あまり旅慣れていらっしゃらないそうでとても不安がられておられますので、乗り換えの時のご案内や、色々説明をしてあげて下さいね。」

見ると、真顔で言っている。

「それは、キャビンアテンダントの仕事ではないの?」
「おばさまなんですが、とても不安がられているんですぅ~~」

噛み合わない。

おばさまが不安なのは仕方ないし、聞かれれば答えるでしょうし、話をすることもあるでしょう。
しかし、会社から「面倒見てくださいね」と、当然の仕事のように言われると、違和感がある。

夫は「今のは、聞かなかったことにします」
と言っていた。

これは、個人の判断なのか、会社のマニュアルなのか?
そんなお願いをする前に、会社としてすることはないの?
と頭をよぎったけれど、言う気も失せた。

いまはもぅ、ただ、無事に着いてくれることを祈るのみだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本当は、もう1日、早い帰りの便に乗りたかった。
が、いつまで待っても、ホームページの表示は満席のまま。

聞けばこの会社、一旦予約すると、キャンセルしても1円も返金しない為、予約さえ入れば人は乗らなくても良いばかりか、キャンセルや次の予約受付の人件費の方が高いと言うことで、そもそも、キャンセルを受ける仕組みがないとか?!

グランドスタッフは、丸投げ外注。

予約のホームページは稼働するが、フライト情報のページは最後の最後でいつもエラー。

コールセンターの日本語部門は、ほとんど出ない。
英語部門に電話すると話は出来るが、いい加減。
(後でもう一度確認すると、全然できていなかったりする)

一応"格安航空会社"ということだが、たまに安いチケットが出るくらいで、普段の多くのチケットは、さして安くもない。
場合によっては、JALのコードで取った方が、食事・ブランケット・水が付いて、値段も安い時さえあった。
このご時世、必死のコスト削減はわかるけれど、あまりに乗客へのしわ寄せがきつい気もする。

さらに、関空に関して言えば、競合ゼロ。

なんだかなぁ~
COMMENT (4)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

成田空港 新ラウンジ

2007.09.09 *Sun
070906-1 070906-2


成田の新しいラウンジが使えるというので、行ってみた。

ロンドンのラウンジで"パック寿司"を食べているイギリス人が居て、「好きなのね~」と思っていたら「そこのカウンターに出ているよ」と教えてくれた。が、日本でなら珍しいネタでも食べておきたいけれど、ロンドンだしなぁ・・と遠慮しておいた。

で、成田。
入るといきなり階下へ。
一面ガラス張りのだだっ広いラウンジと、上階がダイニング。

ふと思いついて「シャワールームはありますか?」と聞いてみる。
COMMENT (1)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

JAL国際線は増便というけれど・・・

2007.01.18 *Thu
JAL、07年度の国際線で高収益路線を増便

まったく、ニュースの見出しは、表現方法ひとつで印象が大きく変わる。

先般、JALは国内の低収益路線廃止、大幅退職と、マイナス方向の見出しが躍った。が、しかに、いかにも収益向上のためにやっています・・・といわんばかりに。
そして今度は国際線。
国内線とは対照的に、"高収益路線増便"と打ち出した。

うまいねぇ~

ニュースには書かれていないけれど、
JALの シドニー - 関空
路線は3月24日で終了となる。
カンタスとの共同運航便が1日1便飛んでいただけのこの便が廃止される。

替わりに飛ぶのは、豪カンタス航空傘下の格安航空会社 JET STAR
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

エア チケット

2001.10.30 *Tue
 [2001年10月30日(火)]
 これまでエアチケットは、某日本のツアー会社で取っていた。 日本語で接客してくれる気安さと、実際に安いという理由で。 ところが、先日ある友人から「今はPittの方が安いよ」と勧められた。 たまには他の会社にも聞いておくべきだなぁと思い、今回は両方に問合せをすることにした。

 そこでふと思い立った。 オージーの会社はどうなんだろう?
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © 海の向こうで暮らしてみれば ~シドニー~ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



プロフィール

yuu

Author:yuu
シドニー在住。



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



使って便利♪



旅をお得に・安心に♪

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

最安値宣言実施中!
出張予約のエキスパート

【ANA SKY WEB TOUR】国内・海外お買い得情報



泊まって良かった宿ベスト10



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



P-Clip


P-Clip β版



ブログ内検索



RSSフィード



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



シドニー仲間



オーストラリア仲間



留学・ワーキングホリデー

Aplac



生きた英語を身につける



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。