This Archive : 2008年05月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

スーツケースの外ポケットが危ない!?

2008.05.27 *Tue
税関職員、大麻樹脂を紛失=探知犬訓練で到着客荷物に-規則は禁止・成田空港

探知犬訓練で大麻紛失 東京税関 無断で旅客荷物に

こわい。

空港で麻薬犬が自分のスーツケースに向かって真剣に吠え始めたら、どんな気持ちがするでしょう?

たとえ、後から「訓練」だと伝えられたとしても、普通の人なら麻薬犬に吠えられた瞬間、倒れそうに驚くのでは?

まして、入れられたことに気づかずに海外へ出てしまったら・・・
誰も「訓練だった」とは証言してくれません。
国によっては死刑で、一生帰ってくることは出来ません。

まるで"事故"だった様にフツーに書かれていますが、これは限りなく「犯罪」に近いように思います。

>職員は「過去にも同様な訓練をした」と話しており

乗客の管理をする前に、職員の教育をしっかりとして欲しい。


スーツケースの外ポケットに入れていたそうなので、これからは、外ポケットにもカギを付けた方がいいのだろうか?
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

トイレットペーパー持参の日本人!?

2008.05.26 *Mon
少し前のこと。
あるオージーが、なにげに言った。

「日本人は、トイレットペーパーを1年分、日本から持ってくるそうね」

???????????????

「誰がそんなこと・・・?」

「知り合いのワーホリが、『オーストラリアはトイレットペーパーの値段が高い割に、良い物がないので、日本から1年分持ってきた』と言っていたわ。」

何か、言葉のすれ違いではなかろうか?
と思ったけれど、少なくとも彼女は本気でそう理解したらしい。

まぁ、ヒマラヤの山奥で1年暮らそうとか言うのならともかく、ここはシドニー。
ゴマンと人間が、いたって文明的な暮らしをしている。
そりゃ、日本製とは多少違いはあるかも知れないけれど、軽いとはいえあんなにかさばる物を持ってくるなんて、考えられない。
そもそも、「一年分」って、何個?

と、頭がぐるぐるしていた。

確かに、私もウォシュレットのないシドニーで、満足のいく!?トイレットペーパー(以下 "トイペ")を確定するまでには、時間はかかった。
でもね~、いくらなんでも、こればかりは、帰国のたびに買って帰ろう・・とまでは思わなかった。

けどーーーーーーー

ちょっと、その理由がわかってきたような気もした。
こんな記事を見つけたからだ。

「やわらかいトイレットペーパー」判別法は?

セレブご用達? ラグジュアリーな黒いトイレットペーパー

香りつきトイレットペーパー、その存在の秘密


そういえば、日本から帰豪した知り合いのトイレで、"香りのするトイペ"に出会い、ちょっと感動した。
・・・と同時に、これは作れるかもとかも、思った。 (実はやってみたけれど、香りの維持が難しい・・・)
今から思えば、あれは"日本土産"だったのかもしれない?

日本人の商品開発力って、まったくもって、すごい。
良くそんな細かいこと・・と思うような些細なアイデアが次々と商品化されるし、これがまた、売れる!
商品開発王国だ。

黒いトイペはともかく、香り付きはちょっと感動したので、一瞬買って帰ろうか?などとよぎったけれど、それでなくとも荷物の多い私。運送費払ってまでね~


思い起こせば、その昔。
おしりだって、洗って欲しい」のCMの頃、
西洋では、ウォシュレットなんて常識。早く日本人も使いましょう。」
とかなんとか、うたっていたような気がする。
・・・けどいま、オーストラリアの日本人向けフリーペーパーに、
「あのウォシュレットを、オーストラリアでも!」
と、日本製品の広告があったりする。

日本ぢゃ今や、公衆トイレでさえウォシュレット付きが常識になりつつある。
けど、アメリカでも、イギリスでも、公衆トイレはもちろん、ホテルでだってなかなかお目にはかからない。(安宿にしか泊まらないからかも~)

いったい、ホントはどこが先?

(しかし、公衆トイレのウォシュレットって、使います~?)


日本から、トイペを豪州に持ち込んだことがある方、どんなの持って行きました?
お聞かせ下さいー
COMMENT (1)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

欠航 and...

2008.05.14 *Wed
帰国していた夫が、帰豪した。
本当は、今日の朝にはシドニーに着いているはずだった。

そう、"はずだった"と書く理由は、まだ着いていない。

昨日の夕方、準備万端、重い荷物を持って"はるか"で関空へ向かった。
荷物がとても重いので、リムジンバスで行く予定だったが、高速が工事中に加え事故で、1時間以上の遅れ。いつ着くかわからないということで、急遽"はるか"に。

高いが、それなりに乗り心地は良い。
なにより、大阪駅の遙か西側を、大阪駅を通らずに走るこの路線が面白い。

空港について、掲示板でチェックインカウンターをチェック。
J★ET STARは、キャセイのカウンターを使っていた。

近くのベンチで、手荷物と預ける荷物の詰め替えをして、カウンターへ。
・・・と、カウンターへの入口に、手書きの看板がかけられている。
珍しいなと思いつつ、走り寄ってみると・・・

「欠航」
「明日の便に振り替え」

と書かれている。
横にいたスタッフに尋ねてみると、当然ながら「その通りです」とのお答え。

実は、夫はこの便で帰って、翌朝、シドニーで日本から来る人を迎えることになっていた。

明日の便に振り返られると、到着は明後日の朝。
あり得ない。

その旨、スタッフに告げると
「では**カウンターへどうぞ」
で、カウンターでもう一度一から事情説明。
何でも良いので、他の便に振り替えて欲しいと言うと、
「振り替えは、ありません」
あっさり。というか、ばっさり。

上司が出てきて、とりあえず、他の便を調べるように指示。
・・・が、関空からオーストラリアへの直行便は、JALもカンタスも撤退。
J★ET STAR便にコードを乗っけてシェアしている状況なので、壊滅的。
それ以外の、近くの経由便は、すでに飛び立っているという。
成田へ行くにも間に合わない。

「こちらで、今日のホテルはお取りしていますので」
明るく言われても、聞けば、翌日21:50発の便に乗るのに、ホテルのチェックアウトは12時だという。
それなら、帰るので、今日の往復の交通費をというと、
「5000円までです」と、これまたきっぱり。

さんざん話したあげくに、責任者が一言。

「クレームは、お帰りになってから、直接J★ET STARへ手紙を書いて下さい」

この会話は、何だったのか?

聞けば、グランドのスタッフは、全員、単にJ★ET STAR社から依頼された運営会社に過ぎないという。
なので、彼らはJ★ET STARから」与えられたマニュアル通りの運営以外に出来ることはほとんど無いのだという。

「そもそも、欠航が決まったのは何時ですか?」

「午前中です」

そもそも、シドニーからの便が来ていないらしい。
つまり、朝、シドニーを飛ばなかった時点で、欠航は確定している。

「事前に連絡して来るということはないのですか?」

「したつもりです」
つもりですか。

確かに、見回してみると、カウンターまで来ている人は少ない。
しかし、実際に連絡は無かったし、携帯にも着信履歴はない。

しかも!

この日の昼頃に、こちらからリコンファームの電話を入れた際、その便が欠航となっていることを一言も告げられていない。
だからこそ、空港まで来てしまっているわけで。

「どうしてでしょうね~?それはおかしいですよね~」
一緒に言ってもらったところで、何も救われない。
し、彼らは、「お伝えはする」けれど、それに対するなんらかの行動を起こしてくれることはないらしい。


とにかく、交通費は5000円までしか出ない。(はるかなので、実際は7千円くらいかかっている)
ホテルに泊まっても、翌日12時には追い出され、7時間くらいは、空港でうろうろしなくてはいけない。
それ以上のことは、何も出来ることはない。
あとは、帰って、自分でお手紙書いてね。

ということで、荷物をコインロッカーに入れて帰る。

そして今日、再び、確認の電話を入れた上で、関空へ。
2便分の乗客で、チェックインカウンターは凄い人。
ま、とりあえず、今日は 飛ぶ ってことで。

疲れていたので、となりが空いている席がないか尋ねてみると、
「今日は満席です」
と、無下もない。

そして、続けて言った。

「**様、お隣の席お客様が、あまり旅慣れていらっしゃらないそうでとても不安がられておられますので、乗り換えの時のご案内や、色々説明をしてあげて下さいね。」

見ると、真顔で言っている。

「それは、キャビンアテンダントの仕事ではないの?」
「おばさまなんですが、とても不安がられているんですぅ~~」

噛み合わない。

おばさまが不安なのは仕方ないし、聞かれれば答えるでしょうし、話をすることもあるでしょう。
しかし、会社から「面倒見てくださいね」と、当然の仕事のように言われると、違和感がある。

夫は「今のは、聞かなかったことにします」
と言っていた。

これは、個人の判断なのか、会社のマニュアルなのか?
そんなお願いをする前に、会社としてすることはないの?
と頭をよぎったけれど、言う気も失せた。

いまはもぅ、ただ、無事に着いてくれることを祈るのみだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本当は、もう1日、早い帰りの便に乗りたかった。
が、いつまで待っても、ホームページの表示は満席のまま。

聞けばこの会社、一旦予約すると、キャンセルしても1円も返金しない為、予約さえ入れば人は乗らなくても良いばかりか、キャンセルや次の予約受付の人件費の方が高いと言うことで、そもそも、キャンセルを受ける仕組みがないとか?!

グランドスタッフは、丸投げ外注。

予約のホームページは稼働するが、フライト情報のページは最後の最後でいつもエラー。

コールセンターの日本語部門は、ほとんど出ない。
英語部門に電話すると話は出来るが、いい加減。
(後でもう一度確認すると、全然できていなかったりする)

一応"格安航空会社"ということだが、たまに安いチケットが出るくらいで、普段の多くのチケットは、さして安くもない。
場合によっては、JALのコードで取った方が、食事・ブランケット・水が付いて、値段も安い時さえあった。
このご時世、必死のコスト削減はわかるけれど、あまりに乗客へのしわ寄せがきつい気もする。

さらに、関空に関して言えば、競合ゼロ。

なんだかなぁ~
COMMENT (4)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © 海の向こうで暮らしてみれば ~シドニー~ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



プロフィール

yuu

Author:yuu
シドニー在住。



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



使って便利♪



旅をお得に・安心に♪

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

最安値宣言実施中!
出張予約のエキスパート

【ANA SKY WEB TOUR】国内・海外お買い得情報



泊まって良かった宿ベスト10



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



P-Clip


P-Clip β版



ブログ内検索



RSSフィード



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



シドニー仲間



オーストラリア仲間



留学・ワーキングホリデー

Aplac



生きた英語を身につける



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。